日本酒ドットのむ。

〜日本酒の輪がチョットずつでもいいので広がっていってほしいと願うblogです〜

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
【日本酒 ドット のむ。】について
ドットのむ。メンバー
こちらもポチッと
MOBILE
qrcode
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
吟吟さんからのお知らせ
本日も産地直送の食材が届きます。

本日解禁!・・・・・・・・・・・

● 十四代 (山形) 吟撰

入手困難な十四代の中で、貴重な吟醸タイプの生詰。
豊潤な旨味が膨らむも、後口が非常にクリア。
熟成により、随分と味のりが良くなってきました。
お一人様一杯限定にて、売り切れ御免!

● 縁喜 (長野) しぼりたて本醸造

先週の月曜日、長野県湯田中まで赴き、仕入れてきた一本。
昨今の長野酒とは思えぬ旨味が押し寄せてくる、しぼりたて生。
季節限定酒ゆえ、こちらもお早めに。

● 白鴻 (広島) 純米

昨年もご好評をいただいた、しぼりたて純米・生が昨日入荷!
まだ若さゆえの苦味があるものの、
軟水への色付けが実に上手いと思わせる、呉の銘酒だ。

人生も地酒も一期一会、、
気になる銘柄は片っ端にご注文を。

2/26(月) 本日の空輸便は・・・

「ヤリイカ」「平目」「ダルマ鯛」「ホウボウ」
「メンタイ」「トウヘイ」「シラサエビ」「真鱈」

※お刺身は事前にご予約がお薦め。

〔数量限定〕 大アナゴ刺身 大アナゴの天麩羅、あります。

◎ 超限定!「白老梅酒」が入荷中です。

昨年蔵元訪問をさせて頂いた、愛知県の「白老」さんから
試験的に造られた極上梅酒が届きました。
純米吟醸3年古酒に、地元常滑の高級梅を
江戸時代のレシピをそのままに、漬け込んだそうです。
ジューシーな梅のエキスがたっぷりの、激ウマ酒です。
中休みの一杯にお薦め♪

◎ 第30回 蔵元さんを囲む会、受付終了!

3/10(土) 17時〜 ゲスト 広島県「白鴻」 盛川社長
おかげさまで満席となりました。(当日は貸切営業にて)

◎ 臨時休業のお知らせ

3/5 (月) 蔵元見学(山形県某蔵)の為、臨時休業
3/10(土) 蔵元を囲む会にて、貸切営業

◎ 1日4台限定!"本日の小鍋仕立て"はメニュー外です。

常連のお客様はご存知かとは思いますが、
1日限定4台のみ、2名様量の小鍋を準備させて頂いております。
本日は自家製つくね鍋。
地魚の肝入りの味噌スープ仕立てでご提供致します。
予約がお薦めです!

::::::地酒業界人、ご来店!::::::::

*2/23(金) 新潟県「麒麟」佐藤さまご来店。
お蔭様で、21時以降の酒”時醸酒”が大ブレイク♪
*2/22(木) 和歌山県「鉄砲隊」鳥倉さまご来店。
折角お越し頂いたのに満席。。 18BYのお酒の出来が良いです。
*2/14(水) 名誉酒匠&漫画家の高瀬先生ご来店。
  http://www.sol.dti.ne.jp/~h-takase/work.htm
*2/6(火) 山形県「東光」若手蔵人2名様ご来店。
年内に蔵元会を開催予定。お酒も近々入荷予定です。
*2/5(月) 山形県「竹の露」相沢さまご夫妻ご来店
遂に今年の5月に、「竹の露の会」をやらせていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::

【畑のつぶやき】 長野県南佐久の小さな有機農場からの御便りです。

突然ですが・・・・、
僕達のような新規就農者は離婚率が高い!
え?っと思われるかもしれませんが本当の話。
「都会暮らしでギクシャクしていた夫婦関係も、
田舎暮らしをしたらすっかりと円満夫婦になりました。うふっ」
(ペンネーム 草原の幸せ者)なーんてことになるほど
ゲンジツは甘くはないのです。
ええ、そりゃーもう甘いどころかしょっぱかったり、
激辛だったりするんです。

【スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメール,お電話にて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
吟吟さんからのお知らせ
本日も産地直送の食材が届きます。

本日解禁!・・・・・・・・・・・

● 十四代 (山形) 純米吟醸 愛山

純米吟醸シリーズの中で、最も高価かつ希少な十四代。
熟成によりだいぶ味乗りが良くなってきて、今が飲み頃か。
お一人様一杯限定にて、売り切れ御免!

● 雪燈籠 (青森) 活性にごり

若き兄弟が醸す「豊盃」の季節限定酒。
ほんのりと旨味がのった地酒サイダーは一杯目にお薦め。

● 栗駒山 (宮城) 特別純米

瓜やメロン系の含みある、濃密な旨いがギッシリ詰まった生原酒。
無加圧&中とりの贅沢酒がゆえ、実に滑らかな味覚だ。

● 遊穂 (石川) 純米吟醸

葡萄のような気品ある酸味が緩やかに広がり、
辛味との独特なバランスが楽しめる、絶品初絞りだ。

再入荷!・・・・・・

● 而今 (三重) 特別純米

大ブレイクした純米吟醸が完売につき、
再入荷したのが特別純米のおりがらみ生。
完熟の巨峰を思わすジューシーさが魅力の希少酒だ。

今がチャンス!・・・・・・

● 貴 (山口) 純米吟醸&特別純米 飲み比べ

濃密なメロンを思わす旨味、勢いある余韻が魅力の特別純米と
しぼりたてとは思えぬ、滑らかなる口当たりが魅力の純米吟醸。
情熱的な若杜氏の生酒を、ハートで受け止めよ!

● 最上川 (山形) 特別純米

まだ若さがあるものの、プリンスメロンのような含みと
厚みある旨味が特徴の、しぼりたて生酒だ。

● 白岳仙 (福井) 吟醸

この蔵ならではの透明感の裏に潜む、旨味と果実感。
なるほど、人気蔵であるのは納得・・と思わせる新酒第一弾。

先週の人気酒ナンバーワン!・・・

● 花陽浴 (埼玉) 純米吟醸

先週、蔵元訪問をさせて頂いた埼玉県羽生の銘酒。
限定300本のみという、貴重なおりがらみが入荷中です。
感動の(?)蔵元訪問記は、文末に掲載!

人生も地酒も一期一会、、
気になる銘柄は片っ端にご注文を。

2/20(火) 本日の空輸便は・・・

「鯒」「地鯵」「ダルマ鯛」「チヌ」「赤えび」
「真鯛」「平目」「ホウボウ」

※お刺身は事前にご予約がお薦め。

◎ 超限定!「白老梅酒」が入荷中です。

昨年蔵元訪問をさせて頂いた、愛知県の「白老」さんから
試験的に造られた極上梅酒が届きました。
純米吟醸3年古酒に、地元常滑の高級梅を
江戸時代のレシピをそのままに、漬け込んだそうです。
ジューシーな梅のエキスがたっぷりの、激ウマ酒です。
中休みの一杯にお薦め♪

◎ 第30回 蔵元さんを囲む会、受付中です。

3/10(土) 17時〜 ゲスト 広島県「白鴻」 盛川社長
ご来店順にて受付を開始いたします。(会費5000円)
あと8名様ほどで締め切らせていただきます。

◎ 臨時休業のお知らせ

2/24(土) 蔵元を囲む会にて、貸切営業
3/5 (月) 蔵元見学(山形県某蔵)の為、臨時休業
3/10(土) 蔵元を囲む会にて、貸切営業

◎ 限定1日2人前! まぐろのカマの天然塩焼きはご予約で。

3人以上お揃いになったら、是非召し上がって頂きたいのがカマ焼き。
まぐろの大トロの部位を、豪快に天然塩で焼き上げます。
まぐろの漁獲高の減少等により、1日限定2人前となりました。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

東京のホテルは私達にとっては常夏のハワイ
(行ったことはないけど)のようなもの。
おいしいお酒を飲んで気持ちよ〜く眠れるはずだったのに
寝返りばかり打って、そのたびに
ベットから落ちやしないかとヒヤヒヤし、
枕を堤防のように並べてガードする。
もう限界・・と、最後は窓を開けて寝た。
この真冬に、どういうこっちゃと自問しながら、
優雅な小旅行のはずが、寝不足で目の下にクマを
つくることになってしまったのでした。

《2月のスケジュール》


△2月は十四代放出月間△

2/20(火)
純米吟醸・愛山 解禁

2/22(木)
中取り純米・生 解禁

2/26(月)
吟撰 解禁

::::::地酒業界人、ご来店!::::::::

*2/14(水) 名誉酒匠&漫画家の高瀬先生ご来店。
  http://www.sol.dti.ne.jp/~h-takase/work.htm
*2/6(火) 山形県「東光」若手蔵人2名様ご来店。
年内に蔵元会を開催予定。お酒も近々入荷予定です。
*2/5(月) 山形県「竹の露」相沢さんご夫妻ご来店
遂に今年の5月に、「竹の露の会」をやらせていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::

【 「花陽浴(はなあび)」蔵元訪問記 】 

オレンジのようなキュンとした酸味。
口当たり優しく、生き生きとしたスマイルが素敵な
瀬戸朝香を思わす味覚の生原酒を
数日前、一口飲んだ瞬間ピンと来た。

(この銘柄は来るぞ!)

銘酒「花陽浴」は埼玉県の 羽生市 にあった。
蔵人はたった3名しかおらず、皆20代とお若い。
この銘柄自体が立ち上げて3年目だというのに
独特の個性が打ち出されているようで、
将来性も楽しみな地酒蔵である。

「よし、思い切って自転車で蔵に行ってみよう。」(←軽はずみで)

13時待ち合わせなので、7:00に家を出て、
時間的には十分に余裕を持たせての出陣だったものの
埼玉県北部には思いも寄らぬ強風が吹き荒れていた。
赤城山から吹いてくる’空っ風’が
真正面から吹き付け、行き先を拒むのである。
待ち合わせ時間には着かねばと
玉砕覚悟でペダルを踏みまくった。

自転車がまったく前に進まない、、
辛く苦しい時間が7時間ずっと続いた。

最初は滝の汗がほとばしり、その後に涙が溢れてきて
涙が枯れてくると、今度は鼻水が大量に滴り落ちる。
恥じも外聞も気にしている暇はない・・
とにかく前へ前へ、だ。

そんな時間がやっと終ると
目の前に、歴史風情豊かな
南陽醸造とかかれた大きな看板と煙突を発見した。
こんな懸命に走ってきたのに1時間の大遅刻。
「ご利用は計画的にね」という熊田曜子の言葉が頭を過ぎった。


玄関から声をかけると、杜氏である渡邉亮策さんが顔を出してくれた。
29歳という若さながら、どこか落ち着いた芯のありそうな方で
物腰もやわらかくて魅力的な雰囲気をもっている。
聞くと、蔵元である須永家の長女・泰代さんとご結婚し、初めて蔵に入り
泰代さんの弟の崇春さんと、3名のみで造りをされているとの事だった。
前の杜氏さんが急に辞められ、造りの知識がほとんどないままの再出発。
このお酒が出来るまで、本当にご苦労があったのだろうと容易に想像ができる。

「花陽浴」を造るに際して、どんなお酒にしたかったのかと訪ねると
食べるときに飲む酒だが、結局は酒ばかり飲んでしまう、
そういうお酒にしたいのだと笑いながら話してくれた。
まだ試行錯誤の連続なのだろうが
酒米は「山田錦」「八反錦」「美山錦」「さけ武蔵」を使用。
酵母は協会10号と埼玉A・C酵母をブレンドさせ、
仕込みによって、その配合を変えているそうだ。
酒母は速醸法、暖かい時期には賛否両論のある高温糖化法を用い、
全量袋しぼり&瓶燗急冷により非常にクリアな味わいとなっている。

蔵を一回りした後、18BYの新酒を試飲させて頂くことに。
純米吟醸の中取り生は、軽やかなメロンを思わす風味で
余韻にまだ若さがあるものの、嫌味なく盃が進みそうな一本。
生にごり酒は見た目よりもサラサラとした口当たりで、
軽くガスが残り、女性的な柔らかさを感ずる。
特に印象的だったのが、おりがらみ酒だった。
柑橘系の酸味に、白桃風味のおりが見事に調和して思わすウットリ。
帰りが自転車でなければ、
間違いなく試飲レベルでは終らなかったであろう。

帰りは、苦労させられた空っ風を利用して、
追い風で帰れるものと 安易に考えていたら
肝心の左足が腱鞘炎で動かなくなってしまった。
ペダルすら踏めず、片足を引きずったまま東京へ。
まるで山本勘助@風林火山ではないか!

結局、東京に着いたのが12時間後の朝5時過ぎ。
ぶっ通しで歩き続けていたため、体はボロボロになってしまったものの
将来が有望な蔵人たちとの、思い出に浸りながらの自転車ツアーは
私にとって貴重な財産となったことは言うまでも無い。

「花陽浴」とは、
花のように太陽を浴び、すくすくと育つよう
願いをこめたネーミングだそうだ。
近い将来、時代がこの酒に脚光を浴びせるのは間違いなかろう。

               2007年2月 バーシー石橋

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメール,お電話にて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
吟吟さんからのお知らせ
● 十四代 (山形) 純米吟醸

十四代といえば酒米’龍の落とし子’!!
低温熟成により、だいぶ旨味が乗ってきて、今が飲み頃か。
お一人様一杯限定、売り切れ御免とさせていただきます。

新酒が続々入荷中・・・・

● 龍勢 (広島) 純米

八反錦の旨味が膨らんだ途端、それをそぎ落とすシャープな辛味が見事。
口内で’侍’を感ずる、しぼりたて生原酒だ。

● 天明 (福島) 純米

新酒第2弾は美山錦のおりがらみ。
旨味が十分に引き出されて、実にジューシーだ。

● 土佐しらぎく (高知) 純米

羽衣のような柔らかな口当たりのしぼりたて。
軽快なおりがらみ酒で、天使の微笑みのような味覚だ。

● 秋鹿 (大阪) 純米

ついに新酒が登場、山田錦80の貴重なる直汲み。
活き活きとした酵母、溌溂とした山田の旨味が力強く主張している。

● 天寶一 (広島) 純米

汚れを知らぬ若々しき味わいは、ハンカチ王子・斉藤祐樹を思わす。
しぼりたての直汲みは、季節限定酒だ。

人生も地酒も一期一会・・
気になる銘柄は片っ端に御注文を。

◎ 電撃決定! 第30回 蔵元さんを囲む会。

3/10(土) 17時〜 ゲスト 広島県「白鴻」
思い起こせば、第一回蔵元会のゲストは、白鴻さんだった・・。
ひと月前より、来店順にご予約を承ります。

2/5(月曜) 本日の空輸便は・・・

「地あじ」「アオリイカ」「鮟鱇」「真さば」
「平貝」「真鯛」「平目」「イサキ」「マテ貝」

限定4人前の小鍋仕立ては、「朝獲り鮟鱇の小鍋」。
プリッとした皮とコラーゲンスープが魅力で、
最後の雑炊が何とも旨いです!(←予約がお薦め)

本日の有機野菜・・・

地鶏セセリと’有機’じゃが芋の煮付け
お豆腐と生桜海老の’有機’白菜ロール煮
’有機’長いものたまり漬け
大人気’有機野菜’の盛合せ (限定6人前ほど)

◎ 第29回 蔵元さんを囲む会、受付終了です。

2/24(土)17時〜 ゲスト 広島県「龍勢」 蔵元
只今、お酒の出品酒を検討中、、
恐らく、11種の厳選酒が登場します♪
(当日は貸切営業となります)

◎ あの、吟吟サラダが復活♪

海鮮とアボカドの入ったお値打ちサラダが帰って来た。
1日限定4食ほどの人気メニューゆえ、早めの御注文を。

◎ 1日1組限定 十四代・本丸 プレゼントコースが好評です♪

10名様以上でお料理4000コース&飲み放題のお客様に、
プレミア地酒’十四代’1・8Lを一本サービスいたします。
この機会に思う存分、絶品の希少酒をお楽しみください。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

近頃の息子の頭の中は「ムシキング」でいっぱい。
これは、カブトムシなどの昆虫が戦うアニメで、
街中にはこのゲーム機があって
一回100円でカードがもらえてゲームもできる。
この辺りではまだ流行っているが
東京ではすでにすたれたらしい。
当然うちは山奥なので滅多にゲーム機があるような所には行けないのだが
実家に帰ったときに、友達の親御さんに連れて行ってもらったことがある。
「あー、ムシキングやりたい〜」が近頃の口癖だ。

《2月のスケジュール》


▲十四代大放出月間▲

2/5(月)
純米吟醸・龍の落とし子

2/8(木)
新本丸

2/13(火)
純米吟醸・山田錦

2/20(火)
純米吟醸・愛山

2/22(木)
中取り純米・生

2/26(月)
吟撰

※2/19(月)は蔵見学につき臨時休業。
※2/24(土)は「龍勢」蔵元会にて貸切営業。

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメール,お電話にて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
3月5日「秋田の酒を楽しむ会」申込締切迫る!
3月5日(月)開催
「秋田の酒を楽しむ会」(ホテル日航東京:台場)

申込締切が迫っております。

秋田県酒造組合のHPから申込できます。
http://www.osake.or.jp/
吟吟さんからのお知らせ
本日も産地直送の食材が届きました。

本日解禁・・・・・・・・・・・

● 而今 (三重) 純米吟醸

今期初めて仕込んだ’八反錦’で醸されたしぼりたて。
白桃を思わす柔らかな旨味、美しき余韻に思わずウットリ♪
超限定のおりがらみです、早めのご注文を!

● 王禄 (島根) 純米

限定300本のみの出荷だという、春季限定生酒。
ライムのような産が潜む、ストイックな超辛口だ。

● 磯自慢 (静岡) 本醸造

静岡県屈指の実力蔵のしぼりたて。やはり魚料理と合うぞ。

● 竹泉 (兵庫) 純米

何ともバランスが良い出来のしぼりたて第一弾。誰もが納得の味か。

● 会津中将 (福島) 純米

やっと届きました、ファン必飲のゆり様の新酒。
若いメロンの風味と、厚い旨味あるがシャープ感もある生酒だ。

● 駿 (福岡) 特別本醸造

福岡にも、こんなに実力蔵があったのか、と思わす出来の新酒だ。

人生も地酒も一期一会・・
気になる銘柄は片っ端に御注文を。

1/30(火曜) 本日の空輸便は・・・

「ダルマ」「「白ミル貝」「セイゴ」「トウヘイ」
「さざえ」「鱈白子」「イイダコ」「赤えび」

◎ 第29回 蔵元さんを囲む会、受付中です。

2/24(土)17時〜 ゲスト 広島県「龍勢」 蔵元
あと8名様ほどで締め切らせていただきます。


◎ 第28回 蔵元さんを囲む会、終了いたしました。

このお酒の種類が揃わない中、しぼりたての生酒を含め
12種もの貴重なお酒を集めることが出来ました。
参加者の皆様、寒い中お越し下さり有難うございました。

1.大吟醸 無濾過生貯原酒 兵庫県産山田錦40%
2.純米吟醸 無濾過生貯原酒 滋賀県産山田錦50%
3.純米吟醸 無濾過生原酒 18BV 静岡県産誉富士55%
4.純米吟醸 無濾過生原酒 18BY 滋賀県産短稈渡船55%
5.純米吟醸 無濾過生原酒 袋吊雫酒 18BY 静岡県産誉富士55%
6.純米吟醸 無濾過生原酒 袋吊雫酒 18BY 滋賀県産短稈渡船55%
7.純米吟醸 無濾過生原酒 富山県産五百万石55%
8.純米吟醸 無濾過生貯原酒 岡山県産備前雄町55%
9.特別本醸造 無濾過生原酒 富山県産五百万石55%
10.純米酒 生貯原酒 五百万石/山田錦55%
11.純米吟醸 加水生貯 五百万石/山田錦55%
12.特別本醸造 加水生貯 山田錦60%

◎ お待たせしました!岩中豚の角煮が本日復活♪

岩手県のSPF豚’岩中豚’を純米酒と共に
ジックリと煮込んだ人気の角煮が帰ってきました。
広島県・白鴻蔵元がお気に入りのお料理です。
白鴻ひやおろしのぬる燗とともに、お召し上がりください。

◎ 1日1組限定 十四代・本丸 プレゼントコースが好評です♪

10名様以上でお料理4000コース&飲み放題のお客様に、
プレミア地酒’十四代’1・8Lを一本サービスいたします。
この機会に思う存分、絶品の希少酒をお楽しみください。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

自分のところで余ったものを’おすそわけ’すると、
そのお礼がやってくる。
それが、バケツ一杯の牛乳だったり、果物やキノコだったり・・。
そうやって、まわりまわって、食べるものに困らない生活をしていたりする。
もちろん、田舎暮らしには面倒なお付き合いも多々ある。
でも、お互いをよく知っているからこそできる、この社会システム
(といっては大げさかもしれないが)は、なんだかスゴイなと思っている。

《2月のスケジュール》


▲十四代大放出月間▲

2/5(月)
純米吟醸・龍の落とし子

2/8(木)
新本丸

2/13(火)
純米吟醸・山田錦

2/20(火)
純米吟醸・愛山

2/22(木)
中取り純米

2/26(月)
吟撰

※2/19(月)は蔵見学につき臨時休業。
※2/24(土)は「龍勢」蔵元会にて貸切営業。

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメールにて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
吟吟さんからのお知らせ
● 歓びの泉 (岡山) 純米吟醸

朝日米55の袋吊り、おりがらみ酒とはなんとも贅沢。
極めて気品ある味覚に滓が旨くからみ、
グレープフルーツのような味わいを形成している。

● 天寶一 (広島) 純米

お燗用として醸された山田錦70精米。
柑橘系の酸味が燗上がりを予感させ、温度を上げると
それを裏切らぬ上等酒へと変貌させてくれる。

昨日入荷の新酒たち・・・・・

● 山形正宗 (山形) 純米

総数300本のみという、出羽燦々で醸された、直汲みの生原酒。
なんと、先週瓶詰めしたばかりのうすにごりで、
凄まじいフレッシュさが体感できる贅沢酒だ。

● 三重錦 (三重) 純米

しぼりたての新酒第2弾は、2号タンクのうすにごり。
1号タンクよりも旨味がのった、濃厚タイプ。
元プロボクサーの醸す、パンチのある味わい。

再入荷・・・・・・・・・

● 貴 (山口) 特別純米

濃密なメロンの旨味がどっしりと舌全体を占拠すると、
嫌味なき若々しき苦みが威勢よく襲い掛かってくる。
蔵元さんから頂戴した杉玉を眺めながら、この新酒を愛でたいものだ。

好評です・・・・・・・・

● 而今 (三重) 純米吟醸&純米

今や入手困難となってしまった極小蔵の新酒の飲み比べ。
一方は葡萄、もう一方はバナナの風味が楽しめるジューシーな味わい。
三重酵母の違いを体感できるのは貴重だ。

人生も地酒も一期一会・・
気になる銘柄は片っ端に御注文を。

1/23(火) 本日の空輸便は・・・

山口県萩より、最高級の「生うに」が登場。
超限定品ゆえ、早めのご注文をお薦めします。
その他にも「さわら」「セイゴ」「赤エビ」
「ハゼ」「イトヨリ」「大あなご」「いいだこ」も入荷。
限定4人前の「たっぷり鱈白子の小鍋仕立て」が裏メニュー。
極上地鶏スープにクリーミーな鱈がコラボする、絶品料理です。
(↑予約をお薦めします)

◎ 第29回 蔵元さんを囲む会、もうすぐ受付開始。

2/24(土)17時〜 ゲスト 広島県「龍勢」 蔵元
いよいよ、明日1/24(水)よりご来店順に受付を開始します!
早めのご予約をお薦めいたします。

◎ 第一回持ち込み会、無事終了いたしました。

先週土曜日は貸切営業とさせていただき、
お客様がお好きなお酒を一本ずつ持ち寄る会を開催。
希少なお酒ばかりが持ち込まれた、凄まじい会となりました。
《出品酒》
・白岳仙 純吟18BY ・まんさくの花 杜氏直詰 純吟 生原
・松の寿 純大吟 15BY  ・道駒 大吟  ・大信州 大吟 瓶取り
・鶴齢 純吟 17BY  ・義侠 純吟 17BY
・群馬泉 初搾り  ・立山の雨晴  ・千歳鶴 純吟
・奈良萬 おりがらみ 18BY  ・瑞冠 純吟 13BY
・而今 特純 にごり  ・風の森  ・菊勇
・まんさくの花 純大吟 生原  ・花垣 生酛
・千代むすび 強力  ・瀧自慢 純米 18BY
・舞姫 純吟  ・天明 純吟 生 17BY
・寶剣 純大吟 中汲  ・陸奥八仙 18BY
・おお岡山 本醸  ・伊根満開
・館の井 金賞酒  ・末広 大吟 16BY
・黒龍 大吟 13BY  ・相模灘 純吟 山田
・南部美人 特純  ・陸奥男山  本醸造
幹事さん、参加者の皆様、お疲れさまでした。

◎ お待たせしました!みやざき地鶏が復活♪

筋肉質な身をワラで燻し、タタキで提供いたします。
宮崎県飫肥の高級地鶏で、歯応えと香りが抜群に旨いっ。
飫肥の老舗の甘醤油につけてお召し上がりください。
飫肥の焼酎「杜氏潤平」「おびの蔵から」と合わせてみては?
 
◎ お鍋のご予約は前日までにお申し付けください。

海の幸ときのこがタップリと入った、ヘルシーな鍋が人気です。
5名様以上で、要予約とさせて頂いております。
朝獲りの鮟鱇やカニ、白子が入ります。(当日の仕入れ次第)
お刺身の盛合せも事前に予約頂けると、非常にお値打ちです。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

このあたりのおすそ分けは、量がすごい。
最初は、レタスを三個もらっただけで
「え〜、こんなにどうしよう」と慌てていたが、
山から掘ってきたばかりの竹の子をレジ袋一杯に頂いたり
鳥についばまれて出荷できなくなった林檎をコンテナ一杯に頂いたりと・・・
なにしろ量がすごいのだ。
特に、出荷はできないけど手をかければ美味しく食べられる「はねもの」は
ご近所に出回ることが多い。
ちょっと痛んだところは、手を少しかけて取り除けば十分に食べられる。
たくさん頂いたら、たくさん食べられる料理を教えてもらったり
自分でも調理法を工夫したりする。
ひと手間かけて干したり、火を通したり、煮詰めたり
漬物にしたりして加工するのも手だ。
そのひと手間を嫌わないおばあちゃんがちが、村にはたくさんいる。

《1月のスケジュール》

1/27(土)

『臥龍梅』蔵元を囲む会
  ・・・当日は貸し切り営業。

1/29(月)

和の月 解禁
  ・・・ドラマ「最後の約束」で登場した希少酒。

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメールにて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp

吟バー蔵66 オープン
いよいよ今年も吟バーが始まりました。

今回は期間も長く時間も長いから嬉しいですね。

期間 1/18〜10月までです。
時間 16:00〜22:00

いろんなお酒を少量ずつ飲めるし、唯一私でもひとりで行けるお店です(^○^)

詳細はこちらで。。。
http://www.ginjyoshu.jp/bar

吟吟さんからのお知らせ
本日も産地直送の食材が届きました。

本日解禁! ・・・・・・・

● 十四代 (山形) 新本丸

この時期にしか飲めぬ、超希少なる本醸造の生酒。
お一人様一杯限定にて。

● 群馬泉 (群馬) 特別本醸造

火事に見舞われ、存続すら危ぶまれた蔵のしぼりたて。
熟成させずとも旨い!と唸らせる、ジューシーかつ濃密な生酒。

● まんさくの花 (秋田) 純米吟醸

杜氏直詰の限定酒で、星あかりという酒米の50精米。
味覚の奥底に、キラリと光る旨味あり。

● 土佐しらぎく (高知) 純米

広末涼子を思わす、清涼感あるさっぱり味覚。
盃を進ませるほど美味しく思わす、実力派食中純米だ。

● 美冨久 (滋賀) 純米

県産米・県産酵母にこだわった限定山廃。
柑橘系の酸が魅力で、冷でも燗でもイケる懐深き一本。

人生も地酒も一期一会・・
気になる銘柄は片っ端に御注文を。

1/9(火) 本日の空輸便は・・・

限定5人前!
幻の「うちわ海老」が緊急入荷!(予約がお薦め)
その他にも「平目」「スズキ」「地蛸」「赤えい」
「タレクチ鰯」「トウヘイ」「コノシロ」が届きます。

本日の有機野菜は・・・

「大根」「白菜」「白かぼちゃ」「人参」「じゃがいも」
「ほうれんそう」「ネギ」「水菜」「ターツァイ」
 
◎ 第28回 蔵元さんを囲む会 受付中!

1/27(土)に静岡県の銘酒「臥龍梅」の会を開催致します。
今回も17:00〜20:00で、会費が5000円。
ご来店順に受付をしております。
あと6名様ほどで締め切りとさせて頂きます。

◎ お鍋のご予約は前日までにお申し付けください。

海の幸ときのこがタップリと入った、ヘルシーな鍋が人気です。
5名様以上で、要予約とさせて頂いております。
朝獲りの鮟鱇やカニ、白子が入ります。(当日の仕入れ次第)
お刺身の盛合せも事前に予約頂けると、非常にお値打ちです。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

とても暖かい冬ですね。
寒さが厳しくならない、雪も降らない・・・ので、
なんだかちっとも冬の気分にならないでいます。
今年こそは2年分の薪割りを頑張るぞー!
毎日、丸太に向かい、精神統一!
パコーンときれいに割れたときは、
心もきれいになった気がします。

《1月のスケジュール》

1/9(火)

十四代 新本丸 解禁
  ・・・季節限定の本丸の生酒です。

1/15(月)

十四代 中取り純米 解禁
  ・・・食中向きの十四代。

1/22(月)

十四代 吟撰 解禁
   ・・・シャープな味覚の十四代。

1/27(土)

『臥龍梅』蔵元を囲む会
  ・・・当日は貸し切り営業。

1/29(月)

和の月 解禁
  ・・・ドラマ「最後の約束」で登場した希少酒。

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメールにて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
吟吟さんからのお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::::::

新年、明けましておめでとうございます。

今年も美味しい地酒、お料理をご提供すべく
スタッフ一同精進してまいります。

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::::::

本日解禁! ・・・・・・・

● 房島屋 (岐阜) 純米おりがらみ

微炭酸で透明感のある、若いメロンを思わす風味。
高めの酸が、あの頃の味を思い出させる。

● 天明 (福島) 特別おりがらみ

葡萄酒のような果実感と高い酸味。
恐るべきキレも併せ持つ、限定生酒だ。

● 英君 (静岡) 純米

先月しぼったばかりとは思えぬ、落ち着いた風情。
槽口詰めは36本のみという、超希少な一本。

● くどき上手 (山形) 純米吟醸

フレッシュで濃醇な美山の旨味。
程よく膨らむ妖艶な香りが実にセクシーだ。

人生も地酒も一期一会・・
気になる銘柄は片っ端に御注文を。

1/5(金) 本日の空輸便は・・・

「チヌ」「甲イカ」「セイゴ」「赤えい」「地蛸」
「赤えび」「トウヘイ」「フカ」「コノシロ」

本日の有機野菜は・・・

「大根」「ヤーコン」「白菜」「白かぼちゃ」「人参」
「じゃがいも」「ほうれんそう」「ネギ」「水菜」「ターツァイ」
 
◎ 第28回 蔵元さんを囲む会 受付中!

1/27(土)に静岡県の銘酒「臥龍梅」の会を開催致します。
今回も17:00〜20:00で、会費が5000円。
ご来店順に受付をしております。
あと6名様ほどで締め切りとさせて頂きます。

◎ お鍋のご予約は前日までにお申し付けください。

海の幸ときのこがタップリと入った、ヘルシーな鍋が人気です。
5名様以上で、要予約とさせて頂いております。
朝獲りの鮟鱇やカニ、白子が入ります。(当日の仕入れ次第)
お刺身の盛合せも事前に予約頂けると、非常にお値打ちです。

* 畑のつぶやき
〜当店に有機野菜をお送りくださる、農場からの御便り〜

とても暖かい冬ですね。
寒さが厳しくならない、雪も降らない・・・ので、
なんだかちっとも冬の気分にならないでいます。
今年こそは2年分の薪割りを頑張るぞー!
毎日、丸太に向かい、精神統一!
パコーンときれいに割れたときは、
心もきれいになった気がします。

* 雑誌「助六」に掲載されました。

’ガンバレ日本酒’特集号66ページに当店のお酒が載ってます。
日本酒ファンが増えてくれれば良いのですが。 

http://www.nigensha.co.jp/auto/bk_info.html?1109&INF=870

《1月のスケジュール》

1/5(金)6(土)

振る舞い酒
  ・・・地酒一杯サービス♪

1/9(火)

十四代 新本丸 解禁
  ・・・季節限定の本丸の生酒です。

1/15(月)

十四代 中取り純米 解禁
  ・・・食中向きの十四代。

1/22(月)

十四代 吟撰 解禁
   ・・・シャープな味覚の十四代。

1/27(土)

『臥龍梅』蔵元を囲む会
  ・・・当日は貸し切り営業。

1/29(月)

和の月 解禁
  ・・・ドラマ「最後の約束」で登場した希少酒。

【「吟吟」スタッフ募集中】

大田区・品川区在住のやる気のある方を募集中です。
お問い合わせはメールにて。

地酒と地魚「吟吟」  石橋正之
03−5471−2626
oomori_gingin@yahoo.co.jp
新春振舞酒
あけましておめでとうございます。
今年も「日本酒で乾杯!」をたくさんしましょう。

さて、昨年末に飲酒運転撲滅のため、神社でも振舞い酒を取りやめたというニュースがありました。試飲会なども取りやめるところが多くなっているようです。一部の不届き者のためによき伝統が壊されようとしています。決して飲酒が悪いのではありません。飲んだ者のモラルの問題ですよね。

このような状況下、日本の酒情報館では、今年も年始吉例の新春振舞酒を開催するそうです。皆で元気よく参加して、今年1年間の運を開きましょう。

1月5日、12時と17時の2回実施。港区西新橋1丁目(新橋ウインズの隣り)の日本の酒情報館前に集合しよう。